FC2ブログ
2021 / 03
≪ 2021 / 02 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2021 / 04 ≫



昨夜(1月23日)、途中からだがNHKスペシャル「高野山 千年の襖絵 空海の世界に挑む」を視聴した。

滝の画像を見て、日本画家・千住博が浮かんだ。
紛れもなく彼の襖絵の制作過程のドキュメンタリー番組である。

彼は、これまで滝をモチーフにした寺の襖絵制作をしている。
今回は新作のようである。

僧侶・空海が開いた高野山金剛峯寺。
真言密教の総本山。

2015年、高野山が開かれて1200年になる節目に、
大主殿「茶の間」と「囲炉裏の間」に襖絵と障壁画44面が奉納されることに決まった。

この2つの間は、これまで白ぶすまのままであった。
日本画家・千住博が奉納することに決まり、史上初めて筆を入れた。

彼は画業40年の集大成と位置づけ製作に取りかかる.
世の中の森羅万象を貫く真理を知ることで、人を救うことができるという空海の世界に挑む。
何回も修正を重ね、足掛け6年、ニューヨークのアトリエで製作完成した。

若き空海の苦悩の象徴として崖を描いた「断崖図」
自然の力に委ねられ水の流れを表現した「瀧図」

千住博は2つの部屋に納まった崖と瀧を見て、
還暦過ぎ、白髪交じりの穏やかな顔で「言葉がないですね。私の画業はこれでおしまいです」と発し満足気であった。
IMG_9444-5.jpg


スポンサーサイト




この記事へコメントする















02 ≪│2021/03│≫ 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全タイトルを表示

マンマ

  • Author:マンマ
  • 好奇心、やじ馬根性旺盛な熟年おばさん?

Fc2ブログランキングに一票を!

-天気予報コム- -FC2-