上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.03.11 水温む
IMG_8077.jpg

IMG_8082.jpg

IMG_8086.jpg


今冬の寒さは厳しくいつまでも続いている。

3月も半ば、今日は久しぶり春の陽光を感じる。

 
スポンサーサイト
2017.02.10 銀世界
IMG_8070.jpg

IMG_8071.jpg

起きぬけにカーテンを開けたら雪が舞い庭は銀世界。
気象予報通りの雪の日となった。

今日は映画「沈黙」を見に行こうと思っていたのに残念。
実は昨日活け花が午前中で終わったので映画見に行こうと夫を誘ったが寒いので行きたくないという。映画を見て夕食は外食して帰ろうと目論んでいたのに当てが外れた。

この天気では大人しくご在宅様が賢明でしょうね。来週行くことにしましょう。

 
2017.02.09 恵方巻き雑感
今年の節分は2月3日であった。
節分の日にその年の恵方に向かって恵方巻きを食べると縁起が良いという。今年は北北西であった。また恵方向きに事を行えば万事に吉とされているとか?

関西地方から始まった習慣らしいが全国版になって5~6年ぐらいだろうか?予約を取る店やチラシも目に付いた。コンビニなどで手軽に買えるので恵方巻きを食べる習慣や消費量も増えたのであろう。

半面ニュースでコンビニのアルバイト生にもノルマを課されたと知り唖然とした。というのも最近アルバイトの高校生が休んだ分の賃金をペナルティとして差し引き支給されたという記事が話題になったばかりである。相手はお小遣い稼ぎのアルバイト生、弱い者いじめに外ならない。酷い話である。

節分も終わった。
コンビニは便利に利用でき役立っているが果たして内情はどうなのだろう?

TVで売れ残った恵方巻きが大量に廃棄処分になっている映像が出た。
「フードロス」について報じている。
「食べられるのに捨てられる食品」のことで先進国で近年大きな問題になっている。まだ食べられるにもかかわらず、捨てられていく食料の量は、世界では年間13億トンに上り、日本ではおよそ630万トンに達すると推計されている。国民一人あたり、毎日おにぎり2個分の食料を捨てている計算になるという。
勿体ない。食べ物を粗末にするなんて家庭では考えられない。

コンビニのフランチャイズシステムにも問題ありそうに感じる。
売り上げ至上主義の煽るような商戦やセールは中止してほしい。従来の注文生産に切り替えられないのだろうか。
昨年2016年2月3日、フランスでは、大手スーパーの売れ残り食品廃棄禁止という、世界初の法律が成立したそうである。
 
毎年お盆を迎えると終戦記念日も巡ってくる。
TVも戦争関連の報道特集を組んでいる。
プログラムで好きな分野はノンフィクション、ドキュメンタリーである。

高校の同期生Tさんが「敗戦、旧満州の逃避行」(イーブックス)を著した。
同期生のHPにUPされたので息もつかず一気に読んだ。
彼が戦後満州から引き揚げてきたことは聞いていたが、詳細は知らなかった。
小学校1年の夏に終戦となり、その後日本へ引き揚げるまでの壮絶な逃避行を記している。
想像を絶する。家族無事帰国できよかった。

私は戦争中は祖母や身内の小さい子供たちと田舎に疎開していた。
戦時中の幼い記憶は薄ぼんやりとしたものしか残っていない。

母子の引き揚げ記録としてベストセラーになった本に、藤原てい著「流れる星は生きている」がある。
夫・作家新田次郎、次男・数学者エッセイスト藤原正彦(国家の品格)
随分前に読んだがもう一度読んでみよう。

不思議に思っていることに、日本のメディアは8月15日を敗戦記念日と言わず終戦記念日という。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。